やばいババアを目指す案

私、本当は何がしたくてどうなりたいんだろう。と久々に真剣に思ったので、ちょっと書けるだけ書く。

プランA:やばいババアを目指す

私の思うやばいババア。それは、ロシア人の女みたいな貫禄があって、毛皮とか着てて、本物かどうかもわからんような宝石の指輪をゴツゴツと付けてる。地域であだ名がついてるような名物怪物ババアなの。「あの人どうやって暮らしてんの?」みたいなね。 普段はキャバレーの端っこのところで延々と歌って酒飲んでるだけ。ドレスの色はいつも黒。じゃなきゃキラキラスパンコールのド派手なやつ。メイクはゴッテゴテ。もしお客さんがファンになったら、適当に愛想ふりまいとくの。それでたまに美味しいお酒を奢ってもらったりして。その収入と、たまに現れる金が余ってる人にもらったチップで国民健康保険と年金と家賃を払ってる。 一人で住んでいる家は物で溢れていて狭いけれど、いらないものは一つもないの。私だけのお城で魔窟。私の格納庫なんだから私を一番メンテナンスしてくれる状態の部屋なの。 食事は、毎日肉ばかり食べる。面倒でも、安物でも、とにかくステーキにする。そしてワインなんか飲んでる。安物のワインでいい。赤がいいな。

それを目指すには……?とりあえず東京出て歌の修行でもしますか。……できんのか……。あとなぜ歌なのか……。

プランBも考えようかと思ったのですが、出てきませんでした。あるのかな、ちょっともう眠くって、あんまり、考えられな、い……。