痛い目にあいましょう

「こんなことやってる場合じゃない!」が一気に押し寄せてきた。よく考えたら極論「生きてる場合じゃない!」に達するので(本当によく考えてるのか?)、「こんなこと〜」と思えているのは随分ふつうっぽいことだ。やることがあるってこういうことなんだ。 本当はやらなくていいことばかりだと思う。欲しいものや欲しいこと、本当はいらないと思う。でもそれを繰り返していると本当に何もかもいらなくなってしまうので、生きるって本当に難しい。……難しいか?難しいな。本当本当。自分へのご褒美を用意しながら死ぬまで走るしかないのだ。

スケジュール管理の出来なさを再確認した。なんでこんなに全部一気に押し寄せる?と思ったけれど、一気に押し寄せるスケジュールを組んでいたのは私だった!そりゃそうだ! 意地でも行かなきゃならないところなんて、ライブ等のイベントとお世話になった人の冠婚葬祭ぐらいのはずだ。冠婚葬祭はまだしも、ライブ等のイベントは急に日付が決まることが多々あって、「このへんは休もうと思ってたのに!」という時期に急にどかーんと入ったりする。行かない勇気とか、断る勇気とか、必要なの?必要ですね。

私の場合、どれを選んでも全部自分と折り合いつければどうにでもなるはず。自分で掘った穴に自分で埋まってるだけなのだから。 とりあえず今行く予定のものは全部行ってぶちのめされてこよう。学習のために、痛い顔一切しないで痛い目にあおう。