読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のことがわからない

あっちで記事にするようなことではないと思ったのでこっちに書くことにした。wordpressの練習用ブログのはずなのに。

今朝、メンタルクリニックでカウンセリング中に涙が出てきて止まらなくなって、診察室で泣き、病院の会計でも泣き、薬局でもひっそり泣き、コンビニでも泣き、煙草を吸っては泣き、スマホいじりながら泣き、昼食を食べながら泣き、スーパーで泣き……という状態だったので、頓服を飲んで寝たら、涙も引っ込んですっかり元通りになった。のは、いいんだけども。 問題は、泣いた理由が全然わからないこと。いや、正しくは「泣くようなことを考えてないのに泣いているから、止めようがなくて困る」だな。マジで困った。だって止まらないんだもの。 薬を飲むのは悪手だと思ったからできるだけ飲みたくなかった。できるだけ原因を突き止めて、それをどうにかすることで涙を止めようと思っていた。根本的な解決がなければ、また同じことを繰り返すに違いないから。 でも、今回ばかりは本当にどうしようもなかったのでお薬に頼った結果、非常に落ち着いた。神経が昂ぶっていたのかしら。それなら心当たりはある。最近人生の岐路に立たされていて……いや、自分で立っているのだからそんな言い方はないな。ついでに人生の岐路というのも過大評価かもしれない。でも人生の岐路はいつでもやってくるから、まあ人生の岐路でいいのか。今、自分で人生の岐路に立っていて。まあいろんなことをしたので、意識していないところで緊張状態が続いていて、それなりのストレスがこの体のどこかに溜まっていたのだろう(しかしこのストレスというのは、私の必要経費みたいなものだから、悪く言いたくはない)。それが、カウンセリングルームで話し始めた途端に急に涙になって外に出てきたのだろう。だからって数時間止まらないなんてちょっと信じられないなあ。

母に心配された。「なんか嫌なことでもあるんじゃないの?」と訊かれた。でも、嫌なことなんて一つもないと思っているから、「嫌なことなんてない」と答えるしかなかった。だって本当に嫌なことなんて一つもないのだ。それなのに涙が止まらない。 『本当は何かが嫌なんじゃないの?」と言われても、自分の本当の気持ちが全くわからない。場を成立させるために「そんなことは本当にない」と言うしかない。でも、「本当は?」なんて言われてしまうと、いまいち落ち着かない。「本当の」ものなんてどこにもない。答えを見失うだけだから「本当の」ものなんて考える必要はないのだ。でも、とりあえず落ち着いて、自分の声を聞こうとしてみた。声がしない。何にも聞こえない。

この場合、どう捉えればいいのだろう?まっすぐに考えるなら、「やっぱり理由はない。生理現象としての涙が止まらないだけ」。それでいいと思う。思うのだけど、泣くには何らかの理由があるはずだという信仰を捨てきれない自分もいる。その信仰を捨てればいいはず。でも、泣くほどの何かが自分の中に溜まっているとしたら。でも、でも、でも、でもばっかり。考えても仕方がない。でも聞き逃したくない。自分の声は絶対に聞き逃したくない。

もうやだ。考えすぎている。考えたくない。辛くなってきた。1日に頓服2錠飲みたくない。もったいないから。お守りだから。ああ嫌になってきた。辛くなってきた。ばかみたいだな。心が子供のままだ。嫌だ。何が嫌なのか。いやだって思っている今がいやだ。うん、これはわかる。これはわかる。私にも私のことがわかる。よかった。

今日は、自分のことがわからないということをよくわかった日だった。いやだ。わかるようになりたい。なんで自分のことなのにわからないんだろう。いやだ。みんなもっと自分のことわかるの?私わかんない。そして、この状態がめっちゃくちゃ嫌なの。自分のことがわからないなんて嫌だ。自分のことすらわからないなんて本当に嫌だ。自分のことだけでもコントロールできるようになりたいのにどうしてこうなるんだろう。本当に嫌だ。本当に嫌だ。今日は本当に自分のことが嫌になってしまう日だ。だめだ。やっぱりもう1錠か。いやだ。馬鹿みたいだ。何もかも馬鹿みたいだ。いやだ。わからないなんていやだ。わかりたいのに。わかりたいのにどうしてこうなるんだろうな。いやだ。いやだな。はあ。こんな日もあるけど、ほしくなかった。爆発しそうになった。一人でこんな文章カタカタ打ってるからこんなことになる。自縄自縛ならぬ自縄自爆。悲しいよ。急に悲しくなってきた。記事の一つでも書けばいいのにそういう気分じゃない。申し訳ないけどそういう気分じゃない。いやだ。これは、気分で気分が引っ張られるタイプの落ち込み方だ。だめだ、だめだだめだ。はあ。

こんな長文書くヒマあったら死ねば〜!?という気持ちですが……生きたいとは言えないけど、今すぐ死ぬのはどう考えても面倒くさいから死なないで今日もお薬飲んでおやすみなさい。