雑談だ

美味しいワインをしこたま飲みたい

今日は、暇さえあればずっと「赤でも白でもいい、ロゼでもスパークリングでもシャンパンでもいい、とにかく美味しいワインをしこたま飲みたい。焼いた野菜と分厚い肉を軽く食べながら」と考えていた(チーズは好きだけど敢えて避けた)。 手が勝手に情報収集…

普段の自分に暇を出す/最高の夏

普段行かないようなところに行ったり、普段やらないことをやったりした。普段と違うところに寝泊まりして、普段と違う風呂に入って、普段と違う寝起き。普段と違う人たちと、普段話さないようなことを話す。普段なら目もくれないようなものに金を払ったり、…

一日で、山と海、生の祈りと死の祈りを何度も往復した。 事務的であることと人為的であることの違いを考えておかなければと思った。 特別古いものを見たので頭がぼんやりしている。ちょっと怖いものを見た気がする。あれを怖いと思うのが、良いのか悪いのか…

省電力モード

電車に乗った。座席を求めて車内を見渡すと、6人座れそうなところに3人しか座っていない区画があった。あれ、空いてるじゃんと思って、そこに座った。ずいぶん酸っぱいにおいが充満しているところだった。私より先にそこに座っていた人たちは、ただ疲れてい…

仕様

頭の中で、なぜか「迷惑電話(文字、言葉そのもの)」と「6歳女児の濡れたスクール水着姿(絵面)」が紐付いていることに気づいてしまった。「迷惑電話」と見たり聞いたりすると、何故か頭の中に6歳女児の濡れたスクール水着姿のイメージが浮かぶ。なんで。なん…

面倒のバランス

これ完全に自慢だけど、「今わたしデスロードやってるんだ〜これこれこういうスケジュールで完全に自業自得ガハハ」と話したら「ほどほどにしなね」って言ってくれる友だちが私にはいまーーーす!!!!! すごいっしょ!! その「ほどほどにしなね」があま…

写真を撮らないということ

あまり写真を撮らなくなったのは、iPhoneの容量を圧迫しないためだと以前書いた。 でも、もう一つ理由がある。それは「私以外の人が撮っている(だろう)から」というもの。 撮影することには情報の記録というミッションも含まれている。同じ場面で同じものを…

話が逸れる過程

「リズム感の無さを揶揄われてから神社で柏手が打てなくなった人」のことを考えていた。柏手どころか、しめ縄を揺すってガランガラン〜ってすることも怖くてできなくなったんだろうな。木魚を打つのも除夜の鐘も厳しいからお寺に行くのも億劫だろうな。 何ら…

ちゃんと休んでいる

引き続き省エネ中。 最近気づいたんだけど、生活リズムを狂わせると、心身の調子もあっという間に狂う。心身の調子が狂って、更に生活リズムが狂って……のループに突入してしまう。生活リズムが狂う前に心身の調子が崩れてるだけかもしれないので、そこはもう…

悪夢を経て

あらゆる方法で体力の温存に努めているので、今日は何にも感じなかった、ような気がする。夢を見ていたことを忘れて朝を迎えるみたいに、何かを感じていたことを忘れて夜を迎えたのかもしれない。 結局私は寝ても覚めても、ほとんどのことを忘れてしまうに違…

霊感

今日、若干ホラーな、というか、現実がバグを起こしたような現象と遭遇した。 さまざまな条件を加味して、「この現象の原因が霊、というのもあり得るのでは……?」と一瞬思って肝が冷えた。心臓も少しだけバクバクした。 しかし、よくよく考えたら、さまざま…

夏の自由工作

夏なので衝動的に自由工作しました。 「くっだらねー」と、数日前に吐き捨てたアレです。やっぱり作りたい欲がムラムラと湧いてきて、やりました。できそうだったから……。 以下、所感等。 1ページ目からタイトルの位置がズレていて、自分でズッコケる。もろ…

ぷりんたい

頭が自動的にいろいろ考えて、そのままどんどん落ち込んでいって、枕を濡らして、そのまま昼寝して起きたら無になってた。ところで枕を濡らすって完全に卑猥じゃないですか? 無になったと思ったら、いろんなことが溢れ出してきて*1、逆に元気になってしまっ…

今年の8月ってほぼ5週間ありますね

今日は、同じ空間にいた人が爆発していて、とてもしんどそうで、それを見た私はどんどん冷静になっていく、あの現象を久々に体感した。 つらさは持ち回り制、みたいなことを誰かが言ってたけど、私の中ではなかなか真実味を帯びてきた。私の番を持たせてくれ…

ピーマンを食べたいのに食べられないという人に対して、 「本当は食べたいんだったら少しずつ頑張ってみよう?」というAさんと、 「本当は食べたいんだったら例えばこういうところから始めてみよう?」というBさんと、 「本当は食べたいフリをしているだけで…

不便な身体

日記だぞ、という気持ちで1400字弱書いた文章が、あまりにも醜くて嫌になった。今日吐き出したものは結局2000字くらいあるけれど、どれもこれもひどい。一文一文、ちゃんと首を絞めてへにゃっとさせてから下書きに寝かせた。なんだか悲しい。朝から理由もな…

読めない

長い長い会話かのように見える独り言の羅列の合間合間に挿入されるエロ漫画のバナー 局部と局部が結合しているのを どアップで見せている これが本当は全部私の誤解だとしても誰も気づかないだろう どいつもこいつもシチュエーションに追い込まれて簡単にセ…

カブトムシ

虫を見ないように頑張ってきたので、aikoの『カブトムシ』が歌えない。少し背の高い〜ぐらいしか歌えない。本当は虫を見ないようにした結果ではないんだろうけど、原因がそれだったとしても全く違和感はない。そういえば最近カブトムシ見てないな。夏も終わ…

自販機

なにかあったら、花屋で花を買って(一般的に、花はスーパーの野菜売り場の近くとホームセンターに売っているものだけど、やっぱりわざわざ花屋がいい)、花びらをちぎって両耳にギチギチに詰めてその辺に倒れよう。花は植物だから気持ち悪い。けれど、仕方な…

中指

他人に言わされてる言葉、絶対に言いたくなくなってきた。自分で発明した言葉なんてたぶん一つもないけど、言わされることだけは本当に耐えられなくなってきた。人は環境の影響を受けずにはいられないんだろうけど、そういう問題じゃなくて、もう理屈とか頭…

あなたはどうですか

今日、"How are you?"というタイトルのスパムメールが何度も何度も届く。 そういう精神攻撃なんだろうな。相当上手だ。うわて。 How are you? と聞かれたら、I'm fine, thank you.と返すのが筋だと中学生のときに教わった。 それならこのスパムにも同じよう…

通院記録 かえるさん

「こんにちは」 「こんにちは。……どうですか」 「ずっとダメです」 「『ダメ』?どう『ダメ』?」 「もう朝起きてダメ、昼食べてダメ、夜もダメ、って感じで、暇さえあれば、ていうかどんな少しの時間でもあればダメで、 〜中略〜 「ムードがよくないんだな…

垂れ流しのとき

あのさー、すごくどうでもいい話していい?全然話飛ぶけど。あのね、フッ、フフッ。これ個人的にすごい笑う話、というか面白い話なんだけど。もう笑っちゃうんだけど。 あのね、フヒッ、あのー、○○にすごく可愛い人がいてね。たぶん年上なんだけど。すごく可…

眠い

「お年寄り」という、人生の集大成を謳歌しているひとびとの話がしばしば同じことのループになるのを見ていると、思う。 人生って、同じことのループでできているのかもしれない。ある程度長生きしている人が、みんなして同じことを話しつづけるのは、老けた…

ナイスレコメンド

インターネットは深夜に衝動買いができる。だから(?)この前、少しだけ衝動買いしてしまった。欲しかったCDと読んでみたかった本いくつか。これらのものは、だいぶ前に別々の友人に勧められていたが手に取る機会がなく、頭の中でずっと引っかかっていたも…

一億年ぶりにファミチキ食べた

一億年前、あの人の目をかいくぐり、コールドスリープのカプセルにファミチキを持ち込むことに成功した。いつものファミマで買った、ファミチキ二つ。 ほら、これ、昨日話したやつ。意外とコンパクトだろう。これは君専用のコールドスリープ・カプセルだ。こ…

忘れた頃

今までに考えたこともないようなことが「〇〇したい」「〇〇になりたい」みたいな形でピョコピョコ生えてくる日だった。あんまりひどい内容なので、ああ、今日は頭の調子が本当に悪いんだなと悟った。 面白いので、頭の調子がおかしい時の私はどんなことを求…

ずっとずっとずっと

この間、深夜、しにたみが深まって、朦朧とした頭で書いてたもの。自慰レベル高い。 * ずっと疲れてるんだなあ。最近いつもそう思ってる。よくよく思い返すと、思春期から社会に出て精神的な死を迎えるまで、なんてストレスフルな環境で生きてきたんだろう…

五、六年探していた本を田舎の古本屋で見つけた

昼、急に古本屋に行きたくなって、行った。店内をねちょねちょと徘徊したけれど、ピンとくるものがなかったので、最後にもう一周して店を出ることにした。 収穫無しかなあ、と思いながら、もう何回か通っている棚の前で少し足を止めた。ちょっと暗い感じの本…

n重生活

私は一体何重生活をしているのだろう。二重生活というレベルは超えている気がする。 この日記も、そりゃあもうものすごい日数を、ほぼ毎日更新してはいるけれど、ここに書くのはもちろん「公開範囲:インターネット全体」に設定されている部分のことだ。 こ…

タモサーと愛

タモリさんはタモサーの姫だし、オタサーの姫はある種のタモリさんなんじゃないかと思った。「思った」というより「受信した」感じ。オタサーの姫を目撃したこともないのに。タモリさんに関して一家言あるわけでもないのに。 「それとそれを一緒にしちゃだめ…

コーヒーをがぶ飲み

午前中からずっと、あらゆる人の声や物音がいつもより強く感じられて、耳から脳にザクザク刺さってくるようになっていた。イヤホンを耳栓代わりにして、何の意味や意志も感じられない音楽を聞いていた。明らかに精神が落ち始めていた。 嫌な予感のまま出かけ…

逆ハンドルでアクセルを踏む

意図的に年単位でやめていたことを、日常的にやらなければならなくなって困惑している(全くのオフラインのことですよ)。 使わない筋肉が痩せ細るように、それをやる力自体、退化していることに気づいた。さらに、ある種のコウモリが退化した目の代わりに聴覚…

夏風邪

なんか調子悪いな〜と思ってたら普通に風邪でした。とりあえず風邪薬を飲んで安静にしています。 ところで、「夏風邪は馬鹿が引く」って最近の人も言うんでしょうか。私はこの言葉をどこで覚えてきたんでしょう。余計なことばかりよく知っているものですね。…

『星月夜』の街

年末、大晦日。 テレビで見たヨーロッパの街並み。ゴッホの『星月夜』みたいな色合い。でもそこは日本だった。 町中がお祭りムードの中、友人たちと闊歩している。いろんな人種の人がたくさんいる。とにかく外国人がたくさんいる。日本人は、私たちと祭りの…

針に糸を通して一日を終えたい

昨冬に買ったマニキュアの色が気に入ったから、最近同じものをもう一本買い足した。早速塗ってみたら、どうもしっくりこない。良さを全部殺したような色になっている。 ふと、冬に買ったほうと最近買ったほうのラベルを見比べてみた。色の番号が違った。それ…

折り合いをつけるのが怠いというだけの話

疲れた。なんかスゲー疲れた。うーん。 例えば。例えばですよ。以下、例え話ですよ。 飯屋で、注文したものがなかなか出てこなくてすごく待ってて、明らかに自分たちより後に注文した人たちの席には料理が運ばれてて、そこからさらに三分悩んだ挙句、同席者…

遊んでる

ポップコーンとピザと肉と野菜の日々をやってる(予定)。 今日は遊びに出ました。生活から逃げるように外に出ました。でも、この距離じゃ生活から逃げきれません。嫌だなあ、花火やりたい。できない。なんでできないの?

日記らしい日記

今日は日記らしい日記を書いてみたくなったので、そうする。 -------- 今日の気分:ふつう 体調:まあまあ(ときどき軽い頭痛) ・暑くてイライラして棒になりたくなった。 ・↑に、「棒(男根ではない)」って大真面目に書こうとして、やめた。おかしすぎる…

欲しいものは欲しい、わからんものはわからん

「あれも足りないこれも足りない」と考えるより、「足りないものなんてない。よく見てごらん、今の私は十分満たされているじゃないか」と考える方がよほど虚しいことがある。今がまさにそれで、やっぱり足りないものは足りないし、欲しいものは欲しい。何か…

T a.k.a 笑い

電子レンジで温めて爆発する卵と爆発しない卵があったとして、その差はたぶん個体差とか温める時間の長さの差なんだと思う。今日は爆発する卵を複数観測した。爆発しかけの卵も散見された。もはや時間の問題だと申告するものもあった。 どれもこれも私と同じ…

カイタイテキ

ふと、「建設的」の対義語が気になった。そういえば調べたことも考えたこともなかった。せっかくだから、調べる前にちょっと考えることにした。 ほどなくして「解体的」という言葉に行き当たった。 聞いたこともない言葉だったが、 「『建設』の反対だから絶…

憧れの人を探しにいくのよ

そろそろ新しいミューズを見つけなきゃいけないのかな……みたいな気持ち。ミューズて。ミューズて!! いや、ミューズでしょ。ミューズはミューズでしょ。あんまり意味分かってないけど。 一旦どっぷり好きになったものを手放したことがない。良くも悪くも、…

ぐにゃぐにゃの走馬灯

枕元に飴を三つ、文庫本、スマホを置いたらお供えみたいになった。「何を置いたか」より、「どう置いたか」がお供えっぽさを高めるのだろうが、今の私のお供えはこれがぴったりだと思う。 若干、足が浮いたような気持ちになった。足が浮いたついでに、ちょっ…

電気が流れて

完全に自業自得な方法で、夕方から夜までひたすらdead or aliveな気持ちでいた。何もかも無理だという気持ちが頭の中に充満していた。 21時になる直前、電気が流れて(比喩なんだけど比喩でもなかったりする)、急にスイッチが入った。頭の中で何かがギュルギ…

布団乾燥機

寝具がコインランドリーの乾燥機から出した直後みたいな熱を持っていて、非常に危険だ。冗談抜きに危険だ。私が目を離した隙に誰かが布団乾燥機を仕込んだに違いない。犯人は一体どこから侵入したんだ。窓か。窓なのか。暑いから窓を開けていたのがいけなか…

七夕

七夕。織姫と彦星の話ってどんな感じだったかなと思って検索した。 仕事ばっかりしてる娘(織姫)が心配で、男をあてがったら、二人がいい感じになっちゃって娘が仕事しなくなったので、怒って、二人を引き離した。あんまり会えないのも可哀想なので一年に一…

理想の腕と歩き方

自分の体の好きなパーツ見つけたから忘れないうちに記録。 肘。 正確には肘の骨。すごく尖ってる。二の腕のやわらかいラインから急に尖る。二段階で尖る。うん、良い。自画自賛できる。 今「肘」でGoogle画像検索してみたら、やっぱりいろんな人の肘が尖って…

〇のせいだ

私の不健康な面が目を覚ました。夏のせいだ。 毎日六時間以上寝て、三食食べて、風呂に入って歯磨きして肌の手入れもして、それなりに運動して、挙げ句の果てには毎朝毎晩、医師の指導通りに薬を飲んでおいて、一体なにが不健康か。って言われてしまうと「薬…

きうくつ

めっちゃ辛いときに 「どうしたんですか」 と声をかけられて、しまった、と思った。気持ちを隠すのを忘れていた。さてどんな言い訳をしよう、などと考えていたら、 「なんか微笑んでましたね」 なんて言われてしまった。おふざけの、日常会話の、軽口の。そ…